>  > 自身のマグロ状態

自身のマグロ状態

アミちゃんというデリヘル嬢。本人が言うには人見知りで、学生時代の自分は本当に内気な性格だった。昔を想像すると、いまでも風俗で働いていることが実感できず信じられない。と言ってました。そんなマイナスのようなことを言うのとは反面に、外見はとてもやり手の女って感じがしていたんですけどねぇ。「これは飾りです」と言っていたが。「どうして風俗に?」「誘われたというのが一番です。でも、お金も欲しかったので」風俗で働いている女の子はそういう子が大半だよって、風俗業界の裏側を知れて楽しかったです。さて、プレイの話ですが、僕は一切なにもしていません。でも、射精もしなかったというわけではありません。僕はマグロになって、アミちゃんがずっと奉仕し続けていたって感じでしょうね。ローションを手に取り、僕のペニスに塗ってくる。「どう?気持ちいいですか〜?」「うん、さいこ〜!」頭に腕組んでベッドで踏ん反りながらひたすらに奉仕を受けていました。楽で楽しかったです。

[ 2015-07-18 ]

カテゴリ: デリヘル体験談2